多慶屋

 御徒町といやぁ~と真っ先に思い浮かべるのがアメ横だと言う人が多いんじゃ~ねぇかと思いやすが、あっしはなんと言いやしても多慶屋さんでございやす。この多慶屋さんは黄色い看板と薄紫の店舗カラーの春日通りと昭和通りの交差点んとこにありやして、本館A・B館の他にその近所に6店舗(一つは立体駐車場でやすが)もある食料品から家具・貴金属・ブランド品なんぞを扱ってるディスカウントストアーの事でございやす。利用するお客さんとしては中高年やアジア諸国の方なんぞが多くいつも大変にぎわっておりやす。まぁ地元の人も相当利用しておりやして燃えるゴミ日なんぞはこの多慶屋さんのレジ袋が、ひょっとしたらゴミ袋として地域に配ってるんじゃ~ねぇのかってぇぐれぇ、その袋に入ったゴミが多い。しかしこの多慶屋さんを利用するのにちょいと不便なとこも、例えば食料品を買って次は生活用品を買おうとしたら、別の店舗に移動しなくちゃ~なんねぇ。それとどの店舗に何が置いてあるのかを把握しとかねぇと無駄な時間を過ごしちまう。あっしはこの多慶屋さんをたまの利用でやしたから、まだどの店舗に何があるのかわかっておりやせんが、これから1年もこの多慶屋さんの近くで仕事をするわけでございやすから、工事が終わる頃にゃ~きっと多慶屋さんの店舗内を目をつぶってても商品がどこにあるかがわかるようになっちまうんじゃ~ねぇでしょうか。あっ、それとどれもこれもが安いと言う訳じゃ~ありやせんで、意外とあっしん家の近所の西友の方が安いもんもございやす。皆さんの中で多慶屋さんを知らなかった人がいるようでしたら、今度なんかの機会で御徒町に行くような事がありやしたら、覗いてみてくだせぇな。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc

オカダカズチカ

 オカダカズチカといやぁ~今じゃ~新日本プロレスの押しも押されぬ大看板、IWGPの絶対王者となっておりやす。このオカダ強さもそうでやすが、まだ30歳でちょいといい男、身長だって191cmもある、こうなるとさぞかしすげぇ人気があるんだと思いきや、これが案外そうでもねぇ。たしかに会場でオカダコールは起こるんだが、オカダが少しでも反則みてぇな事をすんと、会場全体でブーイングが巻き起こる。なんで大スターだってぇのに中途半端な人気なんだろうとあっしの頭で考えてみやした。こりゃ~オカダが若い時にアメリカに修行をしに行ってたんでやすが、オカダ24歳、2012年の1・4東京ドームに凱旋帰国した時に”新日本プロレスに金の雨を降らせる男レインメーカー”となって登場しやした。そん時の試合は同じくメキシコから凱旋帰国したYOSHI-HASHIとやり、”レインメーカー”ってぇ技で勝ったんでやすが、その後当時のIWGPチャンピオンの棚橋にIWGPを賭けた試合を要求したのはいけねぇ、観客から大ブーイング、でも次の日の会見で正式に対戦要求をしたら、なぜだかこれがあっさり認められ2月に棚橋と対戦して勝利しIWGPチャンピオンへとなっちまった。こういった流れはプロレスファンはあんまり好きじゃ~ねぇ、凱旋帰国したばっかりの24歳の若造が他の選手を差し置いてチャンピオンになるなんて、たまたま勝っただけで、そんなのは認めらねぇってな感じ、それでもそこからどんどん強くなって現在にいたるわけなんだが、ファンはまだオカダが本当のチャンピオンになったとは思ってねぇってぇ事かも知れやせん。実はあっしもそう思ってる一人でございやすが、そうは言ってもこれから10年のは新日本プロレスはオカダの時代じゃ~ねぇかと思いやすけどねぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


道路使用許可

 皆さんも街ん中を歩いていると車道や歩道に作業車を止めて仕事をしているのを見かけた事があると思いやす。この道路上で作業をするには所轄の警察に”道路使用許可申請”ってぇのをしなくちゃ~なりやせん。申請用紙の他に案内図・平面図を付けたもんを持って警察に行き審査してもらいOKが出ると東京で¥2,700円千葉だと¥2,500円を支払って許可証をもらえるわけでございやす。この道路使用なんでやすが区道、市道、都道なんかの道路使用ですと管轄の警察だけで済むんでやすが、これが国道となりやすと、出来た書類を先に国道事務所ってぇとこに行って内容を見て、問題無いよってぇ意味の受付印をもらってからじゃ~ねぇと警察は受け付けてくんねぇ。今回の台東区の現場が国道4号沿いなもんで、道路使用許可をもらうのに一々葛飾区は金町にありやす国道事務所に足を運ばねぇといけねぇ、こいつが中々面倒だってわけで、今は国道の他に区道にも面しておりやすから、根伐り工事やらコンクリート打設工事やら他にも鉄筋の搬入・資材の搬入なんかは何とか区道側を使うように考えているところでやす。ところでよく飲食店の店の前で机を出してお弁当なんぞを販売してのを見かけると思いやすが、本来ならあれなんかも道路使用許可申請が必要なんでございやす。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


メンターム

 この時期になりやすと踵やその周辺がガサガサになり下手すっとパックリとひび割れが出来ちまう、このひび割れが出来る場所によってた歩くのに支障をきたすようなことにもなっちまいやす。それがついこの間右足に出来ちまった、いや~痛いのなんのって、歩く度びズキンズキンとしやがる、ここは一つあっしの必殺技のアロンアルフア固めをやろうとしやしたが、場所が悪いのと体が硬いのが災いして、そのひび割れを見る事が出来ない、見る事が出来ないってぇ事はアロンアルファをひび割れに注入する事が出来ない訳でしてこの処置は断念しやした。次に液体絆創膏のキズバンを塗り込む事にしやしたが、塗り込むには成功はしたんでやすが、固まった直後は歩いても痛みはありやせんでしたが、30分もするとまたしてもパックリと戻っちまった。こりゃ~”ヒビケア軟膏”ってぇやつでも買わねぇといけねぇかなと思っておりやした。でもそいつを買うまでの痛みを何とかしねぇといけねぇかなと取り出しのがメンターム(缶の蓋の絵で羽飾りを被っている子供が書かれてる方が近江兄弟社のメンタームで、看護師の女の子が書かれている方がロート製薬のメンソレータムでやすが、あっしは安いからかもっぱらメンタームでやすがねぇ)そいつをひび割れにすり込んでみて一晩して、歩いてみるとあらっ不思議痛みが軽くなっている。こりゃ~ひょっとしたらひょっとかなと思い、朝出がけにひび割れにメンタームをすりすりと、したっけ気付いたら痛みは無くなっておりやした、それから2日間メンタームを塗っておりやしたら、すっかり良くなってしまいやした。そういや~あっしは昔からいろんなもんを直すのにメンタームを使っておりやしたから、きっとメンタームと相性が良いんだと思いやす。でも、なんでチューブ入りを作らねぇんでしょうか、あの缶の開け閉めが密閉性がありすぎるからなのか、すげぇストレスを感じちゃいやす。近江兄弟社の人が見ていやしたら、こんだけ宣伝したんでやすから、チューブに入ったメンタームをこさえてくんねぇでしょうか。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc

何で定食を・・・

 昨日は台東2丁目の現場から秋葉原にちょいとした打合せに行きやして、それが終わったのが12時となりやしてランチタイム突入、しかし秋葉原周辺はランチの激戦区、12時だともうどこもいっぱい、しょうがねぇから現場の方に向かいながら考えようってぇ事にしやした。が、帰るながらお店を探しておりやしたが中々良さそうなところがねぇ、あったとしても満員、ここでふとっ思い出したのが先日の弁当を買った時に行った佐竹商店街のところにあったのが”カレーとステーキ”の”ラ〇ール”というチェーン店、その店に着いたのが12時半ぐれぇかな、中は20人ぐれぇのキャパんとこに3人の先客がいやした。食券を買うわけでやすが、あっしは何を思ったのかその店のおすすめであるカレーやステーキを選らばねぇで”唐揚げ+クリームコロッケ定食¥750円(ご飯大盛無料)”をチョイスしちまった。でもその定食が運ばれて来たのを見てがっくり、大き目の唐揚げ3個と直径3cm×長さ5cmぐれぇのクリームコロッケが1個とキャベツの千切りにスイートコーンがパラパラっとかかったもんに皿に盛られた大盛りのご飯、明らかにおかずとご飯のバランスが悪い、隣の人のカツカレーがすげぇ美味しそうに見える、その人もあっしの定食を見てなんかを感じてくれたみてぇでやした。味の方はと言いやすと本来クリームコロッケなんてぇのは熱々で口の中を火傷しちまうってぇのが普通なんでやすが、ここのは火傷をしねぇようにってぇ心遣いなのか、箸で切っても湯気もでねぇ。唐揚げも揚げたてなら美味しんじゃ~ねえかと言う感じ、こりゃ~きっとコロッケも唐揚げもカレーのトッピングとなっておりやすから、熱々のカレーがかかって本来の力を発揮するのかも知れやせん。今回はお店に非があるわけじゃ~無くて、単にあっしのチョイスミスでして、次回はちゃんとカレーを頼もうと思っておりやす。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


納得の値段

 先週の土曜日に台東2丁目の現場事務所の備品を揃えようと、近くの”多慶屋”と言いやすディスカウントストアー(多慶屋の話はまた今度)を覗いて見やした。でもこの”多慶屋”は店舗が8号館までありやして中々目的のもんを見つけるのが難しくて、結局この日は数店のもんを買う事が出来やせんでした。買い物が済んでふと腕時計に目をやりやすと、もうすぐランチじゃ~ありやせんか、今日は何を食べようかと思ってお店を探しておりやすと、やはり土曜日ってぇ事で休みをお店が多い、それでもしばらく歩いていると、ありゃ~佐竹商店街まで来ちまった、そんで目に入ったのがお弁当の看板、え~何!弁当が1個¥320円だって、これにちょいと興味がわいて店内へ、すると店の真ん中のテーブルの上にすでに出来てる弁当が積まれている、ほ~これが全部1個¥320円だとはと感心しちまった。いろいろある弁当から選んだのは唐揚げ弁当、内容はゴマがかかってるちょいと多めの白いご飯にこれまたちょいと大き目の唐揚げが5個、それに高菜漬けとキュウリのキューちゃんが少々ってなもんでございやす、他にも単品でフライもんやたこ焼きなんぞもありやしたが、とりあえず弁当だけの購入としやした。さぁ~事務所に帰ってさっそく電子レンジでチンして(事務所でリースしてる電子レンジが小さかったもんで弁当は回らねぇでしたのターンテーブルだけ回ってましたがねぇ)食べてみやした。まずは唐揚げを一口、う~ん美味い!この唐揚げあっしは大好き!そんでまだ口の中に唐揚げのうま味が残ってるところにご飯を箸ですくって口の中へ・・・、あれ~なんだこのご飯、全然美味しく無い、普通のご飯と何かが違う、もう一度ご飯を口ん中へ、やっぱり何かが変、よくよくご飯を見てみると何だか長い米つぶが混じってる、はは~ん、タイ米と日本米をブレンドしてるんだ、だからこの味なんだ。残念だな~おかずは美味しいのになぁ~、こりゃ~おかずだけ買って”サトウのご飯”と一緒に食べるしかねぇかも知れやせん。まぁ~¥320円ってぇのは、ある意味納得の値段なんでやすがねぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


懲りずに

 一昨日のランチの話となりやすが、台東2丁目の現場事務所の近所にネットではそこそこ美味しいと言う台湾料理屋さんがありやしたもんでちょいと覗いてみやした。時間はオンタイムを少しずらしたもんであっしを除いたお客さんは2名ってな具合、ランチメニューを見てみるとまたしても”ラーメン+半チャーハン”のセットが目に入って来た。ここんとこ”ラーメン(タンメン)+半チャーハン”では連敗続き、ここらで一発心地よい勝利がほしいとこ、じゃ~てんで、”ラーメン+半チャーハン”を頼んでみやした。待ってる間に店内を見回してみると、テーブルは円卓となってるから混雑した時になっても嫌な感じはないかも知れやせん、グランドメニューを見ても値段もリーズナブルで美味しそう、これなら夜に呑みながらってぇのもありかもと思っていたところに”ラーメン+半チャーハン”が登場、ラーメンはと言いやすと、俗に言う台湾ラーメンってぇやつでして、醤油ベースのスープにモヤシと挽肉を炒めたもんが乗ってるやつ、味の方はまぁ普通、もう少し甘めの味の方があっしは好み、さてさて半チャーハンの方はと言いやすと、珍しく高菜チャーハンでして、おっ良いね!と思い口に運んでみると、しょっぺぇ~!高菜の塩辛さが半端ねぇで、こんなの食べたら2リットルぐれぇの水を飲まねぇといけねぇレベル、この瞬間に”ラーメン+半チャーハン”セットの3連敗が決定しちまいやした。そんでこの店の夜の再訪も無くなりやした、しかし、仲御徒町周辺だとどうして”ラーメン+半チャーハン”が美味しい店が少ないんだろうと考えてみたんでやすが、前の渋谷の現場ん時に食べた”錦”ってぇ中華屋の”ラーメン+半チャーハン”が美味かったもんで自然とハードルが上がっちまったのかも知れやせん。もう、仲御徒町周辺では”ラーメン+半チャーハン”を頼まねぇと思いやす。けどなぁ~また新しい中華屋に入ると懲りずに頼んじまうじゃ~ねぇかねぇ~。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


今度は違うもんを

 この間、台東2丁目でランチで店を間違えて失敗したことを書かせて頂きやした。今日はその初めから行くつもりの店に行ってめぇりやした。お店の名は”武井食道”場所はと言うと全国で2番目に古いと言わわれおりやす”佐竹商店街”の入り口のそばでございやす。店の中は6人掛けのテーブルが3個と4人掛けテーブルが2個と3人掛けテーブルが1個ってな具合、でホールは高齢のおば様一人で切り盛りしており厨房は中年の男性と女性が各1名で佇まいはまさに昭和の食堂ってぇありさま、壁のメニューを見てみやすと洋食と中華のコラボ、さぁ~何をいただきやしょうかねぇ。おっ!必殺の”ラーメン+半チャーハン”があるじゃ~ねぇでやすか、値段も¥700円とは中々リーズナブル、隣の中高年のダンディもそれを食べている。じゃ~あっしも同じやつ、待つこと数分、ホールのおば様が置いてったお盆に上にはラーメン+半チャーハン+白菜のお新香、どれどれまずはラーメンの麺をずるずるっと、中々咽こしの良い中太麺、スープはってぇと鶏ガラ、しかしちょいとしょっぱい、入ってるチャーシューがこれまたしょっぱい、チャーハンの方はと言うと入ってる具材は刻んだナルト・チャーシュー・少ない玉子なんでやすが、こいつは美味い、やっぱりチャーハンにはナルトは絶対必要だと思わせる一品、でもあくまで半チャーハンで良い、フルサイズだとがっかりしちまうかも知れねぇ、他のお客さんが食べてた”オムライス”・”厚切りハムカツ定食”・”ドライカレー”なんぞは美味そうに見えやしたから店自体は良い店なんだと思いやしたが、今度からは”ラーメン+半チャーハン”はやめて違うもんを頂こううと思っておりやす。少し調べやしたら何でも”ハムライス”と言う不思議なネーミングのもんが有名みてぇでやす。でも今日はだれも頼んでいなかったかんなぁ~、はたして美味いのかねぇ~、次行った時にチャレンジしてぇ気持ちはあるんでやすが、ここんとこランチで連敗してっから、無難なものを頼んじまうだろうなぁ~。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


タンメンセット

 昨日は、これから始まる東京は台東区2丁目の現場で事務所として使うマンションの1室に会社から書類やら備品やらを運びやした、マンションに着いたのが昼の12時過ぎで、どうせ今ランチに行ってもどこもいっぱいだろうと言う事で少し部屋ん中を整理してからランチへと向かいやした。向かったのは”食べログ”で調べた洋食&中華の食堂、しかし調べたのがちょいと前で、店の名前も忘れちまってて、その上大体の場所しか覚えてねぇ、歩いておりやして覚えていた大体の場所付近に来たらあるじゃ~ありやせんか”中華屋”さんが、えっ?食堂じゃ~なかったっけ、まぁ良っか入ってみやしょう、ガラガラガラと引き戸を開けると、ほ~、まさに今の時代に珍しく存続してた正統派の町中華じゃ~ありやせんか、こりぁ~きっと良い店なんじゃ~ねぇかと期待をして丸椅子に座ってさっと壁のメニューを見てみると、昭和の時代の品々が、えっ!”かに玉”が¥2,200円、随分と強気の値段じゃ~ねぇか、こうなると相当味に自信があるんだなと益々期待、そんな中オーダーしたのが”タンメン+半玉子チャーハンで¥820円”ってぇやつ、普通はラーメン+半チャーハンをタンメンにしてるってぇとこがいかにも東京下町っぽい、料理を作ってるのはご高齢の親父さん一人で、ホールを切り盛りしてるのがその親父さんの奥さんであろうのご高齢のお母さん、待つこと数分半玉子チャーハンがテーブルの上に、見たところ具材は玉子とネギだけの至ってシンプル、でもちょいと気になったのが粗挽き胡椒の二回りぐれぇの大きさの黒いもんが所々散らばってる、先に麺を食べたいとこなんでやすが、しょうがねぇタンメンを待たずにその玉子チャーハンを口に運んでみると、あれ~???さっき気になった黒いもんは焦げだったんでやす、うわ~焦げた味しかしねぇや、こりゃ~高齢の親父さんだから、もう充分に中華鍋がふれなくなっちまって焦げちまうのかもねぇ、確かに焦げた味をどければ美味しいチャーハンだったかも知れやせんや、チャーハンにがっかりしてるとそこにタンメンの登場、上の野菜と下の麺を良く混ぜやして炒めた野菜の旨味が充分出てるスープに麺を絡ませて口に運ぶと・・・あっしの苦手な魚介の臭いがするじゃ~ありやせんか”おい!親父、昔から東京のタンメンってぇのは鶏ガラやあっさり系のとんこつスープに炒め野菜の甘さってぇのが相場なんだ、それを魚介なんてぇ~ふざけるのも大概にしねぇか!”と心ん中で叫んじまった。もう泣きたくなっちまった、それでも腹は減ってるし、食べ物を残すなんてぇ罰当たりな事も出来ねぇや、しょうがねぇってんで、タンメンの中にこれでもかと言うほどにコショウをぶちまけて魚介の臭いを消して、チャーハンの方は黒いもんを出来るだけ除いて食べるしかねぇなんて、久々のもったいないランチとなってしまいやした。店を出やしたがなんか悔しくてさらに50mぐれぇ行った先に”〇〇食堂”の看板が、そう あっしが行こうとしてたのはこっちだんたんでやす。今度はこっちでランチしようと思っておりやすから、そんときはまたレポートさせて頂きやす。それにしても¥820円返せってんだ!東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


キッチン混合水栓

 あっしん家のキッチンの混合水栓ってぇのがもうかれこれ20数年経過しておりやす、その当時のもんってぇのは水栓のレバーを下げると水が出るようになっておりやすが、今のはってぇのは当時のもんとは逆でしてレバーを上げると水が出るようになっているんでやす。なぜ上下が変わったと思いやす?これはレバーを下げると水が出るってぇと地震かなんかで上から物が落っこちた時、それがレバーに当たったら水が出っ放しになっちまうってぇ事故が起きる可能性があるからでございやす。でもこんな事はその水栓を開発した時にわかりそうなもんなんでやすがねぇ~。そんでここからが本題、そのあっしん家の水栓のレバーがポロッともげちまった、なんとか使えることは使えるんでやすが、かかあが早く交換しろとうるさくてしょうがねぇ。これをクラ〇アンなんぞに頼んだら5万円ぐれぇ取られちまうかも知んねぇ、ここはひとつ自分で交換しようとAmazonで混合水栓を検索、¥15.953円のLIXIL製のハンドシャワー付き混合水栓を購入、それと昔の水栓ってぇのはシンク下に潜り込んで専用工具じゃ~ねぇと交換できねぇ、ってな訳でその工具もAmazonで購入、それらの商品が先週の土曜日に到着したもんで昨日水栓交換にチャレンジとなりやした。シンクしたのいろんなもんを一旦外へだして仰向けの状態で潜り、専用工具で既存の水栓を外そうとしやしたが、これが20数年の歴史の力なのかびくともしねぇ、しょうがねぇから某メーカーの潤滑油を吹きかけ数分後再度シンク下へ、すると今度はすんなり回りやした。ナットも外れ後は上に引き抜くだけ、しかし又ここで問題が発生、今度は水栓の水とお湯の管に付いてるナットが邪魔して上に引き抜けない、そのナットを取ろうとしたがなぜだかくるくる回るだけで外せねぇ、もうしょうがねぇからその管を折っちまうしかねぇ、幸いにその管は銅管、ってぇ事で右に左に曲げてるとポキッと折れやした、既存の水栓が抜けた後は新しい水栓の取付に、取付説明書を見ながら取り付けて見ると、びっくりするくれぇ簡単に取り付けられやした、いや~すげぇ技術の進歩、感動すらおぼえやした。ってぇのはちょいとオーバーでやすが、ホント簡単に取り付ける事が出来やした。でも、今朝もキッチンの水を出そうとしやしたが、癖ってぇやつですがねぇ、ついレバーを下げようとしちまうんでやす。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc