サッポロビール園千葉2016春

 昨日はゴールデンウィークの初日ってぇ事でしたが、あっしのとこも行って来やしたよ、年中行事のサッポロビール園へと、去年のゴールデンウィークん時は2便めの送迎バスで行って結構待たされたから、今年はそいつは勘弁と思い最初の送迎バスでビール園へと向かう事にしやした。1便のバスん中はほぼ満員、しかしいざビール園に着きやすとあっしらを除き、他の人はみんなビール工場の方へ見学に行っちまいやした。取り残されたあっしらは開店前のドアの前でポツンと立っているしかありやせん、開店時間になりドアが開き一番で2階へ進みやすと、まだ誰もいないのにボードに名前を書いてくれってぇんで、タジマと書いたと思ったら”ど~ぞ、席に案内いたします”だって、名前書く意味あったんでやすかねぇ、そんでスタッフの後をついて行くと随分と奥の方の窓際に、さも”ここですとスタッフの目線も気にせず、外の景色もきれいですよ”なんてぇ顔をされて案内されやした。すのスタッフが立ち去ろうとすんの手で制して、すかさず”手もみラム&ウインナー&茹で落花生90分食べ放題と90分飲み放題”をオーダー致しやした。まぁラムの美味しさと生ビールの美味さは何回もここで書いておりやすから省きやしょう。気になったのが今までの枝豆の食べ放題から茹で落花生の食べ放題に変わったってぇ事でやしたが、思うに変わって正解!”茹で落花生美味し!”でございやした。このビール園なんでやすが、味・値段・サービス共すばらしいと感じているんでやすが、サービスでタッチパネル方式にしてから、スタッフの目に入らなくてもオーダー出来るからだと思いやすが、席を結構バラバラに案内するようになっちまったのがあっしの不満でございやす。タッチパネルを導入する前は、結構他のお客さんとも近くて色んなお客さんをチェックできて楽しかったんでやすがねぇ、それが出来なくなっちまいやした。そいつが残念でしょうがねぇ。だからもしあの伝説の”堂島さん”に会ったとしやしても、こう席がバラバラですと、あの人のパフォーマンスは見ることが出来ないんでやしょうねぇ。でもタッチパネルじゃ~ねぇとオーダーすんのがめんどくせぇからしょうがねぇか、そんで、え~と昨日は90分で呑んだのは生ビール中ジョッキ五つとレモンサワー中ジョッキ三つでやした。何だか段々と呑めなくなってきているのが加齢からだと認めるしかねぇかも知れやせん。
※伝説の”堂島さん”は過去の記事にありやすから、興味ある人は見に行ってやって下せぇ

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


しばらくは

 え~、あっしがアディダスオリジナルスが大好きでしょうがねぇと何回かここで書かせて頂きやした。そんで最近まで、色々とオリジナルスの商品を買っていたんでやす。が、気付いちまったんでございやす。ほとんどのオリジナルスの商品はと言いやすと仕事ん時(いわゆるONタイム)に着れるもんはありやせん。しかしあっしの方はと言いやすと休みん時(OFFタイム)の時間ってぇのがONに比べて断然に少ない、それなのに遊びん時に着る服ばっか買ったってぇ意味がねぇってぇ事にでやす。せっかく買っても1シーズンに1回か2回しか着ないなんてぇのもあるんでやすよ、そんな事をいまさら気付いても遅いんでやすが、ここでアディダスさんには申し訳ねぇがしばらくはオリジナルスの商品を買うのを控えさせて頂きたいと思いやす。まぁあっし一人の売り上げなんてぇのは別にアディダスさんには1㎜も影響はねぇと思いやすけどねぇ。でもあっしがはたしてどこまで買うのを我慢できるのかの方が問題かもしれやせん。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


翻訳家

 あっしはこう見えて、外国人作家の小説を読むのが大好きでございやす。まぁ好きな作家としやしては、スティーブン・ハンターやダン・ブラウンってなところでしょうか。他にも何人か気にいった作家さんがおりやすが、それらの作品はほとんど読んじまってて、新しい作家さんを見つけねぇといけねぇでさぁ~、しかし、この新し作家を見つけるというのが中々難しい、あっしはこれをアマゾンなんぞで”この商品を買った人はこんな商品も買ってます”から面白そうな作品を選び商品の説明(あらすじ等)を読んで買うかどうかを決めるんでやすが、買ってよかったが約五割、まぁまぁが三割、残り二割は完読してねぇような具合でございやす。そんで不思議なもんで面白い作品ってぇのは、はじめの三ページを読んだだけで面白いのかどうかがわかっちまうもんでやすが、これがつまらないもんは何ページ進んでも、これからの展開がどうなるだろうなんてぇわくわくする気持ちがおこらねぇ、そうすっとそこから先には進めなくなっちまう。ところで、外国人作家のもんはどうしても翻訳家さんがつきものとなりやすが、この翻訳家さんが上手くねぇと原作のよさが通じなくて翻訳した国ではその本は売れなくなっちまいやすよね。かと言いやしても原作者は翻訳家を選べねぇんじゃねぇんですかね。ってぇ事はダン・ブラウンの”ダヴィンチコード”なんかでも翻訳家さんによっては日本ではあんまり売れなかったかもしんねぇってぇ事になりやすよねぇ。だとしやしたらあっしが買った面白くなくて完読出来なっかった作品の原作者の方、悪いのはあんたじゃ~なくてきっと外れの翻訳家だったんだと思いやすぜ。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


辛さ

 人間の味覚の中で、辛味ってぇやつがございやす。この辛味人によっては苦手ってぇ方もいらっしゃいやす。あっしはってぇっと、辛味がわりと得意な方で、食べる物もついつい辛いもんを選んじゃいやす。、そんなもんでちょいと前にも”蒙古タンメン”にはまり、しょっちゅう食べに行って、時にゃ~一番辛い”北極ラーメン”ってなやつも、辛いと思いながらも完食したりしておりやした。そんな事ですから、カレー屋のCOCO壱さんに行きやしても、5辛や6辛を頼んだりしておりやした。ところでこの辛味ってぇのはどうも”慣れ”ってぇのがあるようでして、ここんとこ持参弁当ばっか食べていたもんで、辛いランチから離れておりやした。それが昨日の事久々にCOCO壱さんに行ったんでやすが、さてオーダーしようとした時どっからともなく”あんまり辛いのよしときなよ”と聞こえたような気がして、ここはわりかし無難な3辛を頼みやした。いざカレーが来て口に運んでみやすと、なんだよこれなら5辛にしときゃ~良かったと思った矢先、なぜだか口の中にずっと辛味が停滞していなさる。食べ終わるころにゃ~顔中~まるでシャワーをあびたような汗がびっしりと、その上そのカレーが消化するまでずっと胃の中にいるのがわかるようでやした。まさかCOCO壱の3辛程度でそうなっちまうとは、この大型連休に近所の西安料理の激辛刀削麺を食べる計画をしておりやすが、こいつはそれまでに、もうちっと辛さになれておかねぇといけねぇかも知れやせんねぇ。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


レビュー

 みなさんはWEBで買い物をする時や何かを食べに行く時には、レビューってぇやつをあてにしやすか?あっしも見るには見やすが、それで決定するんではなく参考程度にしておりやす。このレビューってぇやつ、見る方は当然でやすが、たまに書く方にもメリットが有る時もございやす。”レビューを書いて〇〇〇円引き”とか”レビューを書くと送料無料”とかなんでやすが、みなさんはレビューを書く方でやすか?あっしはと言いやすと一切書きやせん。ってぇ言いやすか書けやせん、だって商品の良し悪しを的確に文章で表すなんてぇ芸当は到底あっしが逆立ちしたって出来やしねぇ。でもホントみなさん上手く書いていなさりやすよねぇ~関心しちまう。やはり自分が書かねぇで、人様の書いたもんばかりを見るってぇのもなんでやすから、ここはひとつ、あっしもレビューを書いてみやすか。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc

そういや

 先日は昔ながらの中華屋さんがめっきり少なくなったってぇ書かせて頂きやしたが、そういや町の洋食屋さんってぇのも随分と少なくなったと思いやす。これも中華屋さん同様に後を継ぐ人がいねぇで仕方なく店をたたむってぇのが多いみてぇでやす。あとあれか、ファミリーレストランの普及てぇのもあったな。だってワンコイン出しゃ~ハンバーグランチが食えるですかねぇ~。町の洋食屋さんじゃ~そうはいかねぇもんなぁ~、そんで町の洋食屋さんと言うとあっしが一番に思い浮かびやすのが”ポークソテー”でございやす、ありゃ~美味いよね。えっ!”オムライス”じゃ~ねぇかって、それが違うんでやす、あっしの経験からなんでやすが、洋食屋さんのオムライスより中華屋さんのオムライスの方がちょいと下卑てて美味しんでやす。逆に中華屋さんのチャーハンより洋食屋さんの方が美味しいなんてぇ事もございやすけど、それで”ポークソテー”でやすが、こいつは酒の肴と言うよりはやはり”しろ飯”にぴったり、そんで出来ればスープじゃなくて味噌汁の方がベスト、それに財布に余裕があるときにゃ~”ハムサラダ”を合わせる、この”ハムサラダ”ってぇやつも、ただキャベツ・キュウリ・ロースハムにマヨネーズをかけただけのもん、まぁ”白いアスパラガス”が入っているのは許しゃしょうや、こいつがあっしが大好きな組み合わせでございやす。こんな事書いておりやしたら妙に”ポークソテー”が食いたくなっちまいやしたねぇ。こりゃ~どっかで町の洋食屋さんを探さねぇといけねぇや、おっ!今丁度人形町で工事をやっておりやすから、その近所にゃそこそこ有名な町の洋食屋さんが何軒かありやすもんで、その中の一軒で食べやしょうかねぇ~。しかしなぁ~人形町ってぇとこはランチを食べる人にとっては激戦区、ホント開店と同時ぐれぇに入りやせんと昼時間があっちゅう間になくなっちまうぐれぇでやすから、スーパー早飯でもしねぇと”ポークソテー”にはお目にかかれねぇかも知れやせんねぇ。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc

失敗

 あっしはここ最近は、600cc入る水筒に熱い中国茶を入れて歩いておりやした。ってぇいうのもあるお客さんに台湾のお茶の葉を頂きやして、こいつがすこぶる美味かったんで飲んでおりやした。が、そのお茶の葉が底をついてしまい、こりゃ~自分で購入しねぇといけねぇと思いWEBで調べてみやすと随分とお高い、これじゃ~買えねぇなぁ~と思って、その後も色々と検索しておりやすとあるページにあっしの見覚えのある名前が、その名も”白毛猴”ってぇお茶でございやして、こいつは昔中国に行ったときに買って帰ってきたもんと同じでして、味がお客さんにもらった台湾のもんと似ていた記憶があったもんで早速購入ボタンをポチッと、値段も台湾のお茶に比べて約半額、こいつは良い買い物したと思いやした。昨日そのお茶が届きやして、今朝入れて家をでやした。そんで今さっき水筒のふたを開けて鼻を近づけてみると、う~んホコリ臭い、それをちょいと我慢をしやして口に入れてみると、後味がう~んホコリ臭い、まさに大失敗確定の瞬間でございやした。え~と残りのお茶の葉は我慢して飲むか、捨てるかは今んとこわかっておりやせん。WEBでの買い物の怖さをまた思い知らされやした。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc

少なくなりやした

 昨日は昔の中華屋さんのメニューの話をさせて頂きやしたが、こういった昔ながらの中華屋さんが、今は大体が店を継ぐ人がいないってぇんで、店を閉めるってぇのがめっきり多くなってきておりやす。あっしはこの昔ながらの中華屋さんってぇのが妙に好きでして、その理由ってぇのがメニューの中に”もやしソバ”と”オムライス”が必ずってぇ言うほどあるからなんでございやす。逆にこの二つのメニューは今流行ってるラーメン専門店やチェーン店、ましてや中国や台湾の人がやってる本格中華屋さんではお目にかかれやせん。こんなつまんない事で昔ながらの中華屋さんが大好きなんでございやす。かと言ってもこの二つを普通に頼むんじゃ~ありやせんで、今からこの二つのメニューを頼むまでの流れをその昔実際にやったもんをちょいと書いてみやしょう。まずは季節は初夏の日曜の昼頃だと思いねぇ、友達と下町なんぞを散策していると”なんだかのどが渇きやしたね”と、どちらかが独り言、ふと前を見ると赤いのれんに中華の文字が目に、じゃ~ここでちょいと喉を潤しやしょうってんで店の戸をガラガラっと引いて中に入る、席に座りすかさず瓶ビール(こういう店は大体が大瓶)をオーダーし、そいつをグビリと飲んで、お通しの柿ピーをポリッとしながら店内のメニューを一通り目を通しやす。ホーありやしたよ”もやしソバ”も”オムライス”も、でもまずは肴を選びやしょう、え~と”つまみメンマ”は無難だしすぐ出て来るから決定して、他に何が良いかと考えていると相方が餃子を提案、だけど餃子は当たりはずれが多いもんでここは棄権、おっ!良いのがあるね”ザーサイ入り卵焼き”こいつをもらいやしょう。あれっビールが無くなっちまいやしたョ、じゃ~次は”レモンハイ”でも頂きやしょうか、”すみませ~ん、こっちにレモンハイ二つね”え~とメンマにラー油をかけてと、まぁ~味は普通か、じゃ~卵焼きの方はと、いや~こいつは美味いねぇ~当たりだね、あれ?レモンハイ無くなっちまいやしたよ、しょうがねぇおかわりもらわねぇと”すみませ~ん、レモンハイ二つとオムライスとトンカツね”あれっいけねぇ卵焼きにオムライスだって、またコレステロール値が上がっちゃうよ、おっ先にトンカツの方が来たよ、良いねぇキャベツにドレッシングなんてぇのがかかって無くて、やっぱトンカツのキャベツにゃ~ソースだね。あっ!またレモンハイが・・・”すみませ~ん、おかわりねぇ”オムライスも来やしたねぇ、こいつも良い形しておりやすよ卵焼きが薄くて少し破れて中のケチャップライスが顔出してるじゃ~ありやせんか、味の方も良いね!”おかわり~”テーブルの上の肴も随分と無くなってきやして、んじゃ~そろそろ〆で”すみませ~ん、もやしソバ一つとレモンハイふたつ”お~ここの”もやしソバ”は塩味なのねぇ、美味いじゃ~ねぇの!中々良い店だったじゃ~ありやせんか。ってな具合で頼んでおりやしたっけ。ホントこれが出来る店が少なくなってきたのが残念でしょうがありやせん。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


時価

 今日はひとつ昭和40年代頃の街の中華料理屋さんの話を致しやしょう。今なんかですと八宝菜定食なんぞは大体¥750~850円ぐれぇが相場じゃねぇでしょうか。それが、その当時なんかですと八宝菜ってぇのはメニューの後ろの方に書かれておりやして単品で¥1,200円ぐれぇはしていた記憶がございやす。たしかラーメン1杯が¥150~200円だったと思いやす。当然当時のあっしん家の経済状況から八宝菜なんてぇのはお店のサンプルしかありやせんでした。他にもメニューの後ろの方に書かれてあったのが肉団子、こいつも¥1,200円ぐれぇだったんじゃねぇでしょうか。でもなんて言いやしても一番気になっていたのは、メニューの最後に書かれていた鯉の丸揚げ”時価”ってぇやつでして、こいつを頼むのは相当な金持ちなんだろうなと思っておりやした。しかし、店で頼んだ人を見かけたこともねぇし、友達(中には金持ちもおりやしたョ)ん中でも食べたってぇ話はとんと聞いた事はありやせんでした。今思えばあの鯉の丸揚げってぇのは、なんとなく当時の中華屋さんのステータスメニューみてぇなもんで、ホントは調理出来ねぇくせにのっけていたんじゃ~ねぇでしょうか。だから”時価”にしときゃ~お客は尻込みしてきっと頼まねぇと思っていたんだと思いやす。そんなんでも中にゃ~豪傑なお客さんがいて鯉の丸揚げを頼んだと致しやしょう、そうするとその中華屋の親父は”時価”ってぇのを良いことに”え~と、鯉の丸揚げは本日は¥5,000円となりやすが、いかが致しやしょう”なんてぇ予防線を引くんじゃねぇでしょうか、そう来てもさすが豪傑”かまわぬ、所望いたす”なんてぇ答える、そうすっと今度は親父が額の汗を拭きながら”いえ、お客さん実は本日、鯉を切らしておりやして、出来ねぇんでさぁ、どうもすいやせん”と返していたんだと思いやす。こんなやり取りを何人かの豪傑と何回となくやってるうちに、やり取りがめんどくせぇやってぇんで、メニューからいつの間にやら鯉の丸揚げは消えていったんじゃ~ねぇでしょうか。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


復活!

 随分とご無沙汰でございやす。新しいパソコンに変わったやら、忙しかったらやらでここでの書込みをしておりやせんでした。まっ正直言いやすと単なるさぼっていただけでやして、人間ってぇのは一回、楽しちまいやすとやはりその楽な方へと行っちまうもんでして、気付きやしたらあっしも随分な時間楽しちまいやした。まぁ良い意味充電させてもらいやしたら、これからはまた色々と書かせて頂くと致しやす。そんでここはひとつ皆さんに質問なんでやすが、あっしは現在SNSってぇやつを一切やってねぇんでやすが、今度の熊本の大地震で最大に活躍しているのがSNSってぇ事で、やはりSNSの何かひとつぐれぇはやった方が良いんでやしょうかねぇ~、でもなぁ~このブログでさえもおぼつかねぇって言うのに、これにツイッターやフェイスブックなんてぇの始めたら、今度は楽しみのお酒をたしなむ時間が無くなっちまいやすから、きっとあっしはSNSはやらねぇじゃねぇかと思いやす。

*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


カテゴリー: etc