オカダカズチカ

 オカダカズチカといやぁ~今じゃ~新日本プロレスの押しも押されぬ大看板、IWGPの絶対王者となっておりやす。このオカダ強さもそうでやすが、まだ30歳でちょいといい男、身長だって191cmもある、こうなるとさぞかしすげぇ人気があるんだと思いきや、これが案外そうでもねぇ。たしかに会場でオカダコールは起こるんだが、オカダが少しでも反則みてぇな事をすんと、会場全体でブーイングが巻き起こる。なんで大スターだってぇのに中途半端な人気なんだろうとあっしの頭で考えてみやした。こりゃ~オカダが若い時にアメリカに修行をしに行ってたんでやすが、オカダ24歳、2012年の1・4東京ドームに凱旋帰国した時に”新日本プロレスに金の雨を降らせる男レインメーカー”となって登場しやした。そん時の試合は同じくメキシコから凱旋帰国したYOSHI-HASHIとやり、”レインメーカー”ってぇ技で勝ったんでやすが、その後当時のIWGPチャンピオンの棚橋にIWGPを賭けた試合を要求したのはいけねぇ、観客から大ブーイング、でも次の日の会見で正式に対戦要求をしたら、なぜだかこれがあっさり認められ2月に棚橋と対戦して勝利しIWGPチャンピオンへとなっちまった。こういった流れはプロレスファンはあんまり好きじゃ~ねぇ、凱旋帰国したばっかりの24歳の若造が他の選手を差し置いてチャンピオンになるなんて、たまたま勝っただけで、そんなのは認めらねぇってな感じ、それでもそこからどんどん強くなって現在にいたるわけなんだが、ファンはまだオカダが本当のチャンピオンになったとは思ってねぇってぇ事かも知れやせん。実はあっしもそう思ってる一人でございやすが、そうは言ってもこれから10年のは新日本プロレスはオカダの時代じゃ~ねぇかと思いやすけどねぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設