油=旨味

 今”高タンパク低脂質”ランチを作って食べているわけなんでやすが、脂質をなるべく抑えようってぇわけで炒め物なんかの時も野菜なんかは”レンチン”してからフライパンに投入してるようにしておりやす。今日もノンオイルツナ缶と春キャベツのパスタをこさえたんでやすが、オリーブ油を8ml(これでも72キロカロリー)使ったんでやすが、パスタ(今回は130g)がパサついてちっとも美味くなかった。確かに脂質を抑えるってぇのは大事なんでやすが、それで美味しくなかったら全然意味がなくなっちまう。でも今までは油が少ない炒めもんでも結構美味しく出来ていたんでやすがねぇ~、どうしてなんでやしょうってぇ考えていたら、気付きやしたよ不味かった原因ってぇのが、今朝は何でかいつもより2本早い電車だったもんで現場事務所に着いたら”おっ今日は今からランチをこさえちまって、昼食べる時にレンチンすりゃ~良いんだ”ってぇ事だったから特にパサついちまったのかも知れやせん。今回の件でつくづく油ってぇのは旨味となるんだな~と感じさせられやした。そんで街ん中を歩いてると飲食店の看板なんかで脂質と糖質が合体したまさに悪魔の食べ物と言っても過言でねぇ”かつ丼・天丼・ナポリタン”なんてぇのが目に入って来る、いや!ホント美味そう!でもこんなのを一回食べたら、そりゃ~悪魔の食べ物だからもう抑える事は出来なくなっちまう、う~でも食べたい!でもせっかく体重がほんの少しづつだけど落ちて来てるんだからここは一つ我慢しねぇとな。それと上の悪魔の食べ物の他に我慢してるってぇのが、”鶏の唐揚げ・ポテトチップス・コロッケ・カツサンド”なんてぇところでございやす。あ~食べ物の名前をここで書いてるだけで食べた時の味を思い浮かべちまった。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設