ダイエット

  あっしは自分で”高タンパク低脂質食事ダイエット”をする前は、ダイエットってぇのはただ単に体重さえ落としゃ~良いもんだと思っておりやした。けどそれは間違いだと気付いたわけでございやす、よく聞く〇〇ダイエットみてぇにやたら一つの食材だけを食べるもんとか、低糖質ダイエットなんてぇ糖質を限りなくカットするとか、色々あるわけなんでやすが、そういったダイエットですとたしかに体重は落ちるかも知れねぇが、その落ちた分の中にゃ~脂肪の他に筋肉も相当含まれておりやす。筋肉量が減るってぇ事は基礎代謝が下がるわけで、基礎代謝が下がるってぇ事は体が消費するカロリーも減る、すると摂取するカロリーもそれ以下に抑えねぇと余分な栄養は脂肪にかわる。だからもしダイエットに成功したからってぇ前のような食生活に戻ったら、ダイエットでかかった日数の半分の時間でリバウンドすると思いやす。その点あっしがやってる”高タンパク低脂質食事”と結構ハードな筋トレをする事で筋肉をなるべく落とさず脂肪だけを落とすという”除脂肪”ってぇもんですと、基礎代謝は下がらねぇからリバウンドしずらい体となりやす。この”除脂肪”でございやすが、やってみると案外楽でして、ただ食事ん時に脂質の多いもんを避けるってぇ事だけ、そんで脂質を避けると言いやしても、脂質も人間には必要な栄養素、じゃ~どの程度の脂質を取る事が出来るのかってぇのをちょいと計算してみやしょう、まずは一般的な成人男性の消費カロリーとして2,300キロカロリーとしやしょう、PFCバランスで脂質を20%と設定しやす、そうすっと2,300×20%=460キロカロリー、脂質は9カロリーで1gですから、460÷9≒51gとなりやす。ってぇ事で1日50gぐれぇは脂質をとっても良いわけなんでやす、だから昼に脂っこいもんを食べたら夜はさっぱりしたもんにして1日で50g以下になるように考えりゃ~良い、そんで夜、居酒屋に行く時なんかは肴として唐揚げやポテトサラダ・焼き鳥なんぞは控えて、刺身、鶏ナンコツ、枝豆なんかを頼みゃ~脂質は抑えられる、けど呑んだあとの〆飯はいくら脂質が少ないもんを選んだとしやしても、そこまで行くのに結構なカロリーを摂取してるはずでやすから止めといた方が良いと思いやす。ホントに”高タンパク低脂質食事”ってぇのは大した知識もいらず、ただ売ってる食材の栄養価表示をみてタンパク質が多くて脂質の少ないもんを選んで食べりゃ~いいってだけでやすから、結構簡単でございやすよ。そんで効果はってぇとあっしの場合約5ヶ月で5kg近く”除脂肪”できておりやす。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設