何で定食を・・・

 昨日は台東2丁目の現場から秋葉原にちょいとした打合せに行きやして、それが終わったのが12時となりやしてランチタイム突入、しかし秋葉原周辺はランチの激戦区、12時だともうどこもいっぱい、しょうがねぇから現場の方に向かいながら考えようってぇ事にしやした。が、帰るながらお店を探しておりやしたが中々良さそうなところがねぇ、あったとしても満員、ここでふとっ思い出したのが先日の弁当を買った時に行った佐竹商店街のところにあったのが”カレーとステーキ”の”ラ〇ール”というチェーン店、その店に着いたのが12時半ぐれぇかな、中は20人ぐれぇのキャパんとこに3人の先客がいやした。食券を買うわけでやすが、あっしは何を思ったのかその店のおすすめであるカレーやステーキを選らばねぇで”唐揚げ+クリームコロッケ定食¥750円(ご飯大盛無料)”をチョイスしちまった。でもその定食が運ばれて来たのを見てがっくり、大き目の唐揚げ3個と直径3cm×長さ5cmぐれぇのクリームコロッケが1個とキャベツの千切りにスイートコーンがパラパラっとかかったもんに皿に盛られた大盛りのご飯、明らかにおかずとご飯のバランスが悪い、隣の人のカツカレーがすげぇ美味しそうに見える、その人もあっしの定食を見てなんかを感じてくれたみてぇでやした。味の方はと言いやすと本来クリームコロッケなんてぇのは熱々で口の中を火傷しちまうってぇのが普通なんでやすが、ここのは火傷をしねぇようにってぇ心遣いなのか、箸で切っても湯気もでねぇ。唐揚げも揚げたてなら美味しんじゃ~ねえかと言う感じ、こりゃ~きっとコロッケも唐揚げもカレーのトッピングとなっておりやすから、熱々のカレーがかかって本来の力を発揮するのかも知れやせん。今回はお店に非があるわけじゃ~無くて、単にあっしのチョイスミスでして、次回はちゃんとカレーを頼もうと思っておりやす。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


納得の値段

 先週の土曜日に台東2丁目の現場事務所の備品を揃えようと、近くの”多慶屋”と言いやすディスカウントストアー(多慶屋の話はまた今度)を覗いて見やした。でもこの”多慶屋”は店舗が8号館までありやして中々目的のもんを見つけるのが難しくて、結局この日は数店のもんを買う事が出来やせんでした。買い物が済んでふと腕時計に目をやりやすと、もうすぐランチじゃ~ありやせんか、今日は何を食べようかと思ってお店を探しておりやすと、やはり土曜日ってぇ事で休みをお店が多い、それでもしばらく歩いていると、ありゃ~佐竹商店街まで来ちまった、そんで目に入ったのがお弁当の看板、え~何!弁当が1個¥320円だって、これにちょいと興味がわいて店内へ、すると店の真ん中のテーブルの上にすでに出来てる弁当が積まれている、ほ~これが全部1個¥320円だとはと感心しちまった。いろいろある弁当から選んだのは唐揚げ弁当、内容はゴマがかかってるちょいと多めの白いご飯にこれまたちょいと大き目の唐揚げが5個、それに高菜漬けとキュウリのキューちゃんが少々ってなもんでございやす、他にも単品でフライもんやたこ焼きなんぞもありやしたが、とりあえず弁当だけの購入としやした。さぁ~事務所に帰ってさっそく電子レンジでチンして(事務所でリースしてる電子レンジが小さかったもんで弁当は回らねぇでしたのターンテーブルだけ回ってましたがねぇ)食べてみやした。まずは唐揚げを一口、う~ん美味い!この唐揚げあっしは大好き!そんでまだ口の中に唐揚げのうま味が残ってるところにご飯を箸ですくって口の中へ・・・、あれ~なんだこのご飯、全然美味しく無い、普通のご飯と何かが違う、もう一度ご飯を口ん中へ、やっぱり何かが変、よくよくご飯を見てみると何だか長い米つぶが混じってる、はは~ん、タイ米と日本米をブレンドしてるんだ、だからこの味なんだ。残念だな~おかずは美味しいのになぁ~、こりゃ~おかずだけ買って”サトウのご飯”と一緒に食べるしかねぇかも知れやせん。まぁ~¥320円ってぇのは、ある意味納得の値段なんでやすがねぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


懲りずに

 一昨日のランチの話となりやすが、台東2丁目の現場事務所の近所にネットではそこそこ美味しいと言う台湾料理屋さんがありやしたもんでちょいと覗いてみやした。時間はオンタイムを少しずらしたもんであっしを除いたお客さんは2名ってな具合、ランチメニューを見てみるとまたしても”ラーメン+半チャーハン”のセットが目に入って来た。ここんとこ”ラーメン(タンメン)+半チャーハン”では連敗続き、ここらで一発心地よい勝利がほしいとこ、じゃ~てんで、”ラーメン+半チャーハン”を頼んでみやした。待ってる間に店内を見回してみると、テーブルは円卓となってるから混雑した時になっても嫌な感じはないかも知れやせん、グランドメニューを見ても値段もリーズナブルで美味しそう、これなら夜に呑みながらってぇのもありかもと思っていたところに”ラーメン+半チャーハン”が登場、ラーメンはと言いやすと、俗に言う台湾ラーメンってぇやつでして、醤油ベースのスープにモヤシと挽肉を炒めたもんが乗ってるやつ、味の方はまぁ普通、もう少し甘めの味の方があっしは好み、さてさて半チャーハンの方はと言いやすと、珍しく高菜チャーハンでして、おっ良いね!と思い口に運んでみると、しょっぺぇ~!高菜の塩辛さが半端ねぇで、こんなの食べたら2リットルぐれぇの水を飲まねぇといけねぇレベル、この瞬間に”ラーメン+半チャーハン”セットの3連敗が決定しちまいやした。そんでこの店の夜の再訪も無くなりやした、しかし、仲御徒町周辺だとどうして”ラーメン+半チャーハン”が美味しい店が少ないんだろうと考えてみたんでやすが、前の渋谷の現場ん時に食べた”錦”ってぇ中華屋の”ラーメン+半チャーハン”が美味かったもんで自然とハードルが上がっちまったのかも知れやせん。もう、仲御徒町周辺では”ラーメン+半チャーハン”を頼まねぇと思いやす。けどなぁ~また新しい中華屋に入ると懲りずに頼んじまうじゃ~ねぇかねぇ~。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


今度は違うもんを

 この間、台東2丁目でランチで店を間違えて失敗したことを書かせて頂きやした。今日はその初めから行くつもりの店に行ってめぇりやした。お店の名は”武井食道”場所はと言うと全国で2番目に古いと言わわれおりやす”佐竹商店街”の入り口のそばでございやす。店の中は6人掛けのテーブルが3個と4人掛けテーブルが2個と3人掛けテーブルが1個ってな具合、でホールは高齢のおば様一人で切り盛りしており厨房は中年の男性と女性が各1名で佇まいはまさに昭和の食堂ってぇありさま、壁のメニューを見てみやすと洋食と中華のコラボ、さぁ~何をいただきやしょうかねぇ。おっ!必殺の”ラーメン+半チャーハン”があるじゃ~ねぇでやすか、値段も¥700円とは中々リーズナブル、隣の中高年のダンディもそれを食べている。じゃ~あっしも同じやつ、待つこと数分、ホールのおば様が置いてったお盆に上にはラーメン+半チャーハン+白菜のお新香、どれどれまずはラーメンの麺をずるずるっと、中々咽こしの良い中太麺、スープはってぇと鶏ガラ、しかしちょいとしょっぱい、入ってるチャーシューがこれまたしょっぱい、チャーハンの方はと言うと入ってる具材は刻んだナルト・チャーシュー・少ない玉子なんでやすが、こいつは美味い、やっぱりチャーハンにはナルトは絶対必要だと思わせる一品、でもあくまで半チャーハンで良い、フルサイズだとがっかりしちまうかも知れねぇ、他のお客さんが食べてた”オムライス”・”厚切りハムカツ定食”・”ドライカレー”なんぞは美味そうに見えやしたから店自体は良い店なんだと思いやしたが、今度からは”ラーメン+半チャーハン”はやめて違うもんを頂こううと思っておりやす。少し調べやしたら何でも”ハムライス”と言う不思議なネーミングのもんが有名みてぇでやす。でも今日はだれも頼んでいなかったかんなぁ~、はたして美味いのかねぇ~、次行った時にチャレンジしてぇ気持ちはあるんでやすが、ここんとこランチで連敗してっから、無難なものを頼んじまうだろうなぁ~。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


タンメンセット

 昨日は、これから始まる東京は台東区2丁目の現場で事務所として使うマンションの1室に会社から書類やら備品やらを運びやした、マンションに着いたのが昼の12時過ぎで、どうせ今ランチに行ってもどこもいっぱいだろうと言う事で少し部屋ん中を整理してからランチへと向かいやした。向かったのは”食べログ”で調べた洋食&中華の食堂、しかし調べたのがちょいと前で、店の名前も忘れちまってて、その上大体の場所しか覚えてねぇ、歩いておりやして覚えていた大体の場所付近に来たらあるじゃ~ありやせんか”中華屋”さんが、えっ?食堂じゃ~なかったっけ、まぁ良っか入ってみやしょう、ガラガラガラと引き戸を開けると、ほ~、まさに今の時代に珍しく存続してた正統派の町中華じゃ~ありやせんか、こりぁ~きっと良い店なんじゃ~ねぇかと期待をして丸椅子に座ってさっと壁のメニューを見てみると、昭和の時代の品々が、えっ!”かに玉”が¥2,200円、随分と強気の値段じゃ~ねぇか、こうなると相当味に自信があるんだなと益々期待、そんな中オーダーしたのが”タンメン+半玉子チャーハンで¥820円”ってぇやつ、普通はラーメン+半チャーハンをタンメンにしてるってぇとこがいかにも東京下町っぽい、料理を作ってるのはご高齢の親父さん一人で、ホールを切り盛りしてるのがその親父さんの奥さんであろうのご高齢のお母さん、待つこと数分半玉子チャーハンがテーブルの上に、見たところ具材は玉子とネギだけの至ってシンプル、でもちょいと気になったのが粗挽き胡椒の二回りぐれぇの大きさの黒いもんが所々散らばってる、先に麺を食べたいとこなんでやすが、しょうがねぇタンメンを待たずにその玉子チャーハンを口に運んでみると、あれ~???さっき気になった黒いもんは焦げだったんでやす、うわ~焦げた味しかしねぇや、こりゃ~高齢の親父さんだから、もう充分に中華鍋がふれなくなっちまって焦げちまうのかもねぇ、確かに焦げた味をどければ美味しいチャーハンだったかも知れやせんや、チャーハンにがっかりしてるとそこにタンメンの登場、上の野菜と下の麺を良く混ぜやして炒めた野菜の旨味が充分出てるスープに麺を絡ませて口に運ぶと・・・あっしの苦手な魚介の臭いがするじゃ~ありやせんか”おい!親父、昔から東京のタンメンってぇのは鶏ガラやあっさり系のとんこつスープに炒め野菜の甘さってぇのが相場なんだ、それを魚介なんてぇ~ふざけるのも大概にしねぇか!”と心ん中で叫んじまった。もう泣きたくなっちまった、それでも腹は減ってるし、食べ物を残すなんてぇ罰当たりな事も出来ねぇや、しょうがねぇってんで、タンメンの中にこれでもかと言うほどにコショウをぶちまけて魚介の臭いを消して、チャーハンの方は黒いもんを出来るだけ除いて食べるしかねぇなんて、久々のもったいないランチとなってしまいやした。店を出やしたがなんか悔しくてさらに50mぐれぇ行った先に”〇〇食堂”の看板が、そう あっしが行こうとしてたのはこっちだんたんでやす。今度はこっちでランチしようと思っておりやすから、そんときはまたレポートさせて頂きやす。それにしても¥820円返せってんだ!東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


なぜか

 中華屋さんに行くとついつい頼んじゃう”ラーメン・半チャーハンセット”、この半チャーハンなんでやすが、寂しいくれぇ美味くない店ってぇのが存在いたしやす、パラパラだけを追求しただけなのかスプーンですくうとポロッポロッこぼれちまうようなやつとか、味付けを忘れちまったんじゃ~ねぇかと思うやつとか、あっしが自分でこさえた方が全然ましだって思っちまいやす。逆にこの半チャーハンがすげぇ美味いな~と思う店がございやす。その数店ってぇのが渋谷にある”錦”や千葉京成大久保にある”桂林餃子”千葉駅近くの”よ志乃”ってぇとこなんかだと思いやす。でも不思議な話がございやしてこのラーメンとセットの半チャーハンが美味かったからってぇ普通のチャーハンをオーダーするとなぜだか半チャーハンん時の感動的な美味しさが感じられなくなっちまうんでやす。これがどの店でも同じ事が言えるってぇのが不思議なとこなんでございやす。なぜなんでやしょうか、同じレシピでこざえてるはずなのにねぇ~、どうしてそうなんのかさっぱりわからねぇけど確かに味が違うんだからしょうがねぇや、あんまり考えねぇで半チャーハンを食べていきやしょう。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


海鮮丼

 先日、大宮に仕事に行った時のランチの話、12時を20分ほど超えた時間だったわけ何でやすが、その時間ですとどの店もほぼほぼ満員ってな具合、何とか1件魚が美味いってぇのが売りと書いてある居酒屋のランチ営業のお店に席を見つけやした。席に案内されてランチメニューを見て決めて店員を呼んだところ、”本日はB定食(トンカツ定食)と豚の生姜焼き定食は完売しております”と先制パンチされちまった、あっしはそのどちらかを頼もうとしていたもんであっさりKO、残ったメニューは”刺身定食、しらす丼、特マグロ丼(マグロとネギトロ)、海鮮丼・・・”どれも頼むのになんか勇気が必要なもんばかり、で、頼んだのは海鮮丼、白米は酢飯にするかと聞くから酢飯にしやした、さてテーブルに来た海鮮丼でやすが、ハハハッってぇ感じで、乗っかってるもんと言うのが、イクラ大さじ1、しらす大さじ1、カツオのブツ2個、まぐろの薄造り2枚、ハマチ?の薄造り2枚、ガリ少々以上!海鮮丼ってぇのはこんな感じでしたっけ、上のネタの他にタコ、イカ、エビなんぞが入っているもんじゃ~ねぇんですかねぇ~、味の方はと言いやすと乗ってるもんがしょぼくて上からかけた醤油がネタの隙間から下の酢飯の方に回っちまって、酢飯に醤油をかけたもんを食べているようでやした。だから、そのあと喉が渇く渇く、これでその店への再訪は無い事が決定しやした。えっ?店ですか、名前は勘弁してもらいてぇが、場所だけでも、えっ~と西口を出て左に行きすぐのビルの地下1階となりやす。興味がある方は行ってみてくだせぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


大宮らんち

 今日は大宮は西口側にありやす現場に行ったんでやすが、用事を済ませて会社に帰ろうと現場を出た時間が11時20分ごろ、こりゃ~前々から気になっていた東口にある24時間営業の喫茶店”伯爵亭”にメシにはちょいと早いがこの時間なら混んでないだろうと思いやして行こうと決めやした。この”伯爵亭”はNHKのドキュメント72時間で放送されたんでやすが、メニューがとってもユニークでして、そん中でもオムライスとナポリタン(店ののぼりにも大宮Nナポリタンてぇありやした)は人気のメニューってぇ事でして、そいつはあっしがどっちも大好きなメニューですから、どっちにしようか悩むのを楽しみながら店に向かったわけでございやす、そんで店に着いたのが11時半をいくらか回ったぐれぇ、店のん中はその時間でも7割の入り、背の高いイケメンの外国人のスタッフに誘導してもらい禁煙席へ、さすがは喫茶店で喫煙席に比べて禁煙席はすごく狭くて座りづれぇところ、席について結局はオムライスをオーダー、メニューに”昔ながらのオムライス”と書いてあったもんで、その言葉でオムライスに決めちまいやした。さてオムライスを食したわけでやすが、思ったいたもんとちょいと違った、中のチキンライスが薄味で、卵焼きの外側に掛かっているケチャップと上手く混ぜ合わせねぇと、ものたんねぇ、まぁ感動はしねぇが普通に美味いって程度でやした。こりゃ~オムライスのリピートはありやせんねぇ。今度はナポリタンを頼んでみようと思っておりやす。他にも気になったのが”豚ステーキ”や”牛ステーキ”って、ネーミングがなんかそそるもんもありやして、ひょっとしたらナポリタンは頼まねぇかも知れやせんねぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


もやしそば

 先日、大宮の現場でランチタイムとなりやして、現場は西口の方なんでやすが、東口にある喫茶店の”伯爵亭”か西口の方のナポリタンの”パンチョ”に行きたかったんでやすが、時間的に無理だと言う事で、困ったときの”日高屋”さんへ、この”日高屋”チェーンは店の名前が他にも”来来軒””らーめん日高”と違いこそあれメニューは同じだってぇのに、ここ大宮で知りやした。今回入ったのは”らーめん日高”さん、さて何にしようかと悩んでおりやすと、日替わりランチの”もやしあんかけラーメン+半チャーハン”¥700円ってぇのが目に飛び込んで来た。あっしはガキん頃から”もやしそば”が大好きなんでやすが、ここんとこ中々”もやしそば”を置いてる中華屋さんにはご無沙汰でして、まぁ”もやしそば”を置いてる店も少なくなっているってぇのも理由の一つでやすが、もうここは日替わりランチを頼むしかねぇや、そんでいざ目の前に運ばれて来た”もやしあんかけらーめん”はそれはあっしの言う”もやしそば”でして、嬉しさが込み上げてきやした。さっそく口に入れて見ると、ろくすっぽフーフーしなかったもんで、一発で口の上をやけどしちまいやした、でも思った通り、美味い!懐かしい!少しスープが甘めなとこも昔食べたのと同じ、そこにラー油と胡椒をぶち込んで味を調整、あっと言う間の完食となりやした、後は少し残ったスープと半チャーハン、しかしはっきり言っていつ食べてもここの系列のチャーハンはあっしの口には合わねぇ、できれば”もやしあんかけラーメン”の単品がありゃ~最高なんでやすが、せめて半チャーハンじゃなくて半ライスにしてくれりゃ~良いんでやすがねぇ、なんとかしてくんねぇかな。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設


1食損した

 昨日は昼間移動をしてたもんで、ちょいと遅いランチとなりやした。場所はといいやすと新京成線新八柱駅の駅ビル3Fの”紫副坊”ってぇとこ、新八柱駅と言うといつもは”南魁楼”ってぇ立ち食い蕎麦屋なんでやすが、昨日はなぜだか中華の気分、店の前に立ちランチメニューを見ながら店内を見ると午後1:30過ぎなのに結構お客さんが入ってる、ならば間違いねぇだろうと店内へ、席に座りおしぼりで手を拭きながら店内のメニューを見ておりやして、決めたのが”天津麺と半チャーハン”ってぇやつ、待つこと7~8分、しかし運ばれてきたもんを見て愕然としちまった。なんと天津麺の上に甘酢あんかけが乗ってるじゃ~ありやせんか、あっしは食べ物の味付けで何が嫌いってぇ、甘酢ぐれぇ嫌いなもんはありやせん、それがよりによってドド~ンと乗ってるなんてぇ、でも来たからにはしょうがねぇや、その甘酢あんをどんぶりの中でよ~くかき混ぜて大量のラー油をぶち込む、そうして食べたが全然甘さのが方が強えぇ、その上かに玉も美味くねぇし、またまたその上量が多い、それでも何とか麺と卵は食べたがスープまでは飲む気になんねぇ、よ~し!口直しに半チャーハンだ、見た目は美味そうじゃ~ありやせんが、口に入れてみると・・・こいつも美味くねぇ!どんな味だったかをここで表現できるほどあっしにはそこまでのボキャブラリーは持ち合わせてねぇぐれぇ、頼んだメニューを間違いたのか、他のもんでも同じようなのかはわかりやせんが、1食損したことだけは確かでございやす。まぁ再訪は絶対にねぇでしょう。
※今まで食べてきた天津麺は甘酢あんがかかってたことなんかありやせんでした。たしかに天津丼の方はと言いやすと甘酢あんがかかっておりやすがねぇ。
*****田じま*****東京都・千葉県で優渾のコンクリート住宅|千葉県 船橋市|水上建設